お部屋

玄関の扉を開けて足を踏み入れると、宿いっぱいに広がる天然木の香りと、思わず深呼吸したくなるようなすがすがしい空気。内装の木材はすべて県内産の無垢材(自然素材)で、池田町のアカマツの床をはじめ、スギ、ケヤキ、ナラ、ヒノキ、クリ、タモ、サクラ、カエデの計9種類の木を使いました。

自然とつながる木の家


そのまま丸太から切り出した無垢材は天然木本来のやわらかな風合いを持ち、室内の湿度を調整する働きもあります。割れやひびなどが入りやすい無垢材ですが、傷や色の変化も含めて、それが木の家の風情や味わいであり、物語です。 地元で育った木はこの土地の気候風土にも合い、周りの風景とも調和して、室内にいながらまるで森林の中に佇んでいるかのよう。香り、風合い、肌ざわりが五感に働きかける木の家には、おだやかな空気が巡ります。

壁には漆喰を施し、塗装も天然素材がベース。自然の素材でつくられた家は体にやさしく、アレルギーをお持ちの方でも安心して過ごしていただけます。

ルームキーのキーホルダーはお部屋の名前そのものの木材で出来ていて、それぞれ違った重さや手触りが楽しめます。



客室のご紹介

客室は全部で8部屋あり、それぞれ広さや間取りが異なります。 木のぬくもりに包まれながら、ほっこり、ゆったりとおくつろぎください。 お部屋の名前は、八寿恵荘の建材に使われている木の名前から。 鍵のキーホルダーもその木でできています。

すぎ和室8畳

けやき和室8畳

なら和室7畳

ひのき和室7畳

くり和室6畳

あかまつ和室10畳「たも」と続きの大部屋です

たも和室10畳「あかまつ」と続きの大部屋です

さくら洋室ツイン/トイレ付

寝具について

布団と枕はオーガニックコットンを使い、職人さんが綿入れから一つひとつ丁寧に作ったものです。 クリーニングは植物由来の洗剤のみを使用する専用のランドリーで行っています。和布団本来の心地よい肌あたりでごゆっくりとお休みください。
枕カバーはカミツレ染めの2色。 自社農園で育てたカモミールを使用して、華密恋のカミツレエキスと同じように、時間をかけて丁寧に染めました。






人にも環境にもやさしい温かさ


環境のことを考えて、八寿恵荘ではCO2の排出を実質的に増やさない木質チップのボイラーを導入。主に「華密恋の湯」の給湯や床暖房に使用しています。床暖房は床下に張り巡らされたホースを流れる温水によるもの。輻射(ふくしゃ)暖房と呼ばれ、面からじんわり暖めるので体にやさしく、空気も汚しません。木の床の肌ざわりと自然のぬくもりを味わってください。

木質チップは、環境にやさしいことで最近改めて注目されているバイオマス燃料。製材の副産物や間伐材などを粉砕して作られています。燃やしたときに排出するCO2は、もともと木が成長する過程で吸収したものなので、大気中のCO2の増減に影響を与えることはありません。また、「らうんじ」には薪ストーブもご用意しました。ゆらゆらと揺れる炎は見ているだけで心癒されます。

寒い冬に訪れてくださるお客さまも快適に過ごしていただけるよう、八寿恵荘は温熱環境にもこだわって設計されています。断熱材を補強し、窓のサッシは熱伝導率の低い木製です。




地産地消で山と地域を元気に

カミツレの里は、地域の森林の保護や育成を支援する森林(もり)の里親活動にも参加しています。八寿恵荘の建材には池田町産のアカマツや長野県産のスギなどを使用し、ボイラーの燃料となる木質チップにはアカマツの枯れ木やスギの間伐材を有効利用。そのほとんどを地元の木材でまかない、地産地消を心がけています。

アカマツは松くい虫の影響で枯れてしまうと、建材としては使用できませんが、それを燃料として有効利用すれば資源を無駄にすることはありません。木を活用するために間伐を行い、枯れ木を伐採し、そこにまた定植することで、山が元気になり、地域の林業が活性化し、自然のサイクルが回っていくのです。

八寿恵荘を支えているのはこの方たち

環境とつながる建築をコンセプトにする「ビオフォルム環境デザイン室」の山田貴宏さん(右)と鈴木隆史さん(左)。家づくりに対する山田さんの考えに共感し、八寿恵荘改築の際、設計をお願いしました。

池田町の建設会社「青い風」の高木満さん。八寿恵荘や工場の改築を手がけ、商品の什器の制作などをお願いしています。

「ラブ・フォレスト」の小島健一郎さん。木質チップボイラーの導入からメンテナンスを担当していただいています。

地元の「大北森林組合」の荻窪善明さん。建材から木質チップまで木材の調達を一手に引き受けてくださっています。