里と暮らす日

※「里と暮らす日」プランは2022年4月1日から始まります。

豊かな自然で遊び、四季の移り変わりを喜び、楽しみ、感じていただけるようなご滞在をご用意しています。 ご家族やご友人同士でのお越しがおすすめです。 主に金曜日、土曜日、祝前日、夏休み、大型連休などがこのプランの対象になります。

里の散策マップで森の宝探し


春の野草と花々、夏には大きな葉っぱや昆虫たち、秋の木の実や植物の種、冬には綿毛と雪に残る足跡。 カミツレの里は四季の宝物に満ちています。 散策マップを片手に、まずは広大な里の自然を、自由に存分にお楽しみください。



スタッフがご案内する、四季の散策ツアー


もっと自然に近づけるように、カミツレの里のスタッフがお手伝いをさせていただきます。 土にふれて、草花を摘み、香りをかぎ、鳥の声に耳を澄ませて。 一日として「同じ日」はありません。季節それぞれの楽しみを、ご案内いたします。



薪割りと、かまど炊き


夕食のご飯を「愛農かまど」を使ってみんなで炊き上げます。 火吹きや薪入れなどは、小さなお子様でも安全に体験できます。 薪割りではお父さんのカッコいいところ、見せてあげてくださいね。 毎日17:30から。自由参加です。


この場所で出会う絵本たち


八寿恵荘の「らうんじ」にある本棚には、絵本も充実しています。 ブックディレクターとして各方面でご活躍されている幅允孝さんに、植物と自然、食べることなどいくつかのテーマに沿って、この場所に合った絵本を選んでいただきました。 お子様はもちろん、大人の方にも新しい発見があることでしょう。


みんなで共にする「だいにんぐ」


木のテーブルと椅子が並ぶ「だいにんぐ」でご提供するのは料理だけではなく、人と人がつながる場所。 同じ食事を味わい、時間を共有することで、さまざまな出会いが生まれるのも八寿恵荘ならではです。


「ふれあいの間」で遊ぶ


大きな窓から差し込むやわらかな陽の光と吹き抜けるさわやかな風、 外一面に広がる森と遠くの山々の眺め。 開放感のある広々としたこの空間は、人が集うスペース。 ヨガや体操などアクティブに過ごしたり、お子さまと一緒に遊んだり、外のウッドデッキで昼寝をしたり、 読書をしたり。思い思いにご活用ください。