里の季節

里の季節

巡る月日とともに

カミツレの里で見られる四季折々の風景を少し、ご紹介いたします。
お越しにいただく度に、お一人おひとりに必ず新しい発見があるでしょう。

残雪と芽吹き、山桜のリレー【3月中旬~5月初旬】

    三寒四温、ときどき雪景色、夜には眩しいほどの月明かり。 水仙、福寿草が里のそこかしこに顔を出し、フキノトウや、雪の下で甘みを蓄えたニンジン、 ホウレンソウなどの越冬野菜が春のテーブルを彩ります。 4月中旬からは大嶺高原を桜前線が登り、麓から次々に咲いていく桜をご覧いただけます。

カミツレ花期【5月中旬~6月中旬】

    すくすくと育った13万株のカミツレたちが開花を始め、里ぜんたいが甘い香りに包まれます。 カミツレの摘み取り、刈り取りや、フレッシュ(生花)カモミールティを楽しめる貴重な1ヶ月です。

おやさい畑、森の緑、恵みの季節【6月下旬~9月上旬】

    カミツレの里の自社農園「おやさい畑」では夏の野菜、ハーブが最盛期を迎えます。 夕方や早朝には、森の中を歩き、風や、いきものたちの気配を感じるひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。 ご家族でのんびり滞在するにもお薦めの季節です。

秋の実り、雲海、山々の冬支度【9月中旬~12月中旬】

    稲刈りが終わる頃には、毎朝のように山あいに雲海が広がるようになります。 池田町のシンボル「七色大カエデ」が紅葉し、秋野菜の収穫、暖炉への火入れ、野沢菜漬け・・・。 そうしてだんだんと冬を迎える里の空気は、日々ますます澄んでいきます。

page top