ほぐす

ほぐす

一面のカミツレ畑で植物の力を感じて

北アルプスの山々に囲まれた「カミツレの里」は標高850メートルの高原に位置します。宿の目の前、9000坪もの広大な敷地には一面のカモミール畑が広がり、5月中旬から6月初旬には13万本の花が満開を迎えます。心を穏やかにするやさしい香りが宿の中まで漂い、全身でカモミールを感じていただけるでしょう。小さく可憐な花ですが、豊穣な大地にしっかりと根を張り、太陽に向かって咲くカモミールには確かなエネルギーがみなぎっています。そんな植物の力に包まれてみてください。

カモミールは夜から朝にかけて真っ白な花びらを下に向けて眠ったような姿を見せ、お日さまが出てくると花びらを広げます。時間と共に姿を変えるカモミールの様子をゆっくりと観察できるのも、ご宿泊いただければこそ。


心もほぐれる濃厚な「華密恋の湯」

カモミールから抽出したカミツレエキスをたっぷり入れた「華密恋の湯」は、八寿恵荘の自慢のひとつ。

北アルプスの清らかな水を、環境にやさしい木質チップのボイラーで沸かしています。豊かな香りと肌あたりのやわらかさ、そして入浴後のなめらかな肌の感触は、ほかでは体感できない心地よさ。

やさしく香る琥珀色のお湯に包まれながら手足をゆったりのばせば、心も体も芯からほぐれていきます。


肌にやさしいカミツレエキスがたっぷり

カミツレとはハーブの女王ともいわれるジャーマンカモミールの和名。「華密恋薬用入浴剤」は、土づくりからこだわった有機JAS認定の自社農園や国内の契約農家で、農薬を使用せず、一株一株に愛情を注いで育てたカモミールから抽出したカミツレエキス100%の入浴剤です。
八寿恵荘の隣の製造工場で、花だけでなく茎や葉も用いて、非加熱でじっくり有効成分を抽出する独自の製法によって作られています。また、「余計なものは一切入れない」という約束のもと、合成香料、合成着色料、鉱物油は使用せず、30年間変わらぬ製法で、真心込めて作り続けています。

華密恋には保湿効果や消炎効果が期待され、しっしんや荒れ肌、あせもなどの肌トラブルを鎮めるなどの効果があります。また、体を芯から温め、疲れた心やストレスをやわらげる作用もあります。

「華密恋の湯」では、カミツレエキスから作られたスキンケアやヘアケアアイテム、ソープなど、肌や髪にやさしい華密恋製品をご自由にお使いいただけます。


八寿恵荘コンセプト