八寿恵荘のこだわり

八寿恵荘のこだわり

小さな循環が生まれる宿で
素の自分と向き合うひとときを。

「肌と体に安心なものをつくって皆さまのお役に立ちたい」。
創業者の北條晴久が研究を重ね、有機栽培のカモミールから抽出した
カミツレエキスの入浴剤「華密恋」をスタートさせたのは1982年のこと。
そして7年後、自身の故郷でもある長野県北安曇郡池田町に、
土づくりからこだわったカミツレ畑とカミツレエキスの製造工場、
「華密恋の湯」が体感できる宿「八寿恵荘」をつくり、
この地を「カミツレの里」と名付けました。

「訪れるすべての方が心からリラックスできるような場所となるように」。
生前より常々そう語っていた父でもある晴久の遺志を継いでからも、
カミツレの里には毎年たくさんの方が訪れ、心と体をほぐしていかれます。
この里には「人を癒し元気にする力」がある。
それを教えてくださったのは、お客さまお一人お一人です。

八寿恵荘では、訪れた方に、より安心して心地よく過ごしていただけるよう、
すみずみまでこだわり、心を配り、皆さまをお迎えしております。

土や木にふれ、大地の恵みを味わい、
五感を通して自然の力を体いっぱいに感じることで、
すこやかな心や本来の自分を取り戻す。
素の心で親しい人と向き合い、人と出会い、地域ともつながることで
新たな力が生まれ、池田町の大地も元気になっていく。

父から受け継がれた想いがいつしか広がり、
小さな循環が生まれるようになったこの里が、
皆さまにとって深いリラクゼーションに包まれた場所となり、
“もうひとつのふるさと”のような存在となりますように。

北条裕子

BIO HOTELS JAPAN

日本初の「BIO HOTEL®認証」を取得しました

BIO HOTEL®とは、滞在するゲストの健康や自然環境に配慮した安全・安心で健やかな安らぎのあるホテルです。 食事や飲みものはすべてビオロジック、石鹸やシャンプー類・コスメティック・タオル・ベッドリネン類、さらには施設の建材や内装材も可能な限り自然素材を使用し、さらに環境マネージメントまで行います。 オーストリアにあるビオホテル協会の「ビオホテル基準」による認定を受けたビオホテルは、現在欧州中部中心に約90軒。新しい旅のかたち「ビオツーリズム」として人気が拡大すると同時に、その社会的意義の存在価値も高まっています。

ヨーロッパビオホテル協会の公認を受け、日本では2013年5月にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)が発足いたしました。ヨーロッパのオーガニック規格をベースに、独自の厳格なガイドラインを食品・製品ごとに設け、日本とアジアでのBIO HOTEL®の認証・格付けを行っています。

PINK RIBON

八寿恵荘は「ピンクリボンのお宿」に加盟しています

乳がんを患い、手術を受けて回復の道を歩みながらも、術後を気にして旅をあきらめてしまうという方たちに“心ゆくまで宿泊・入浴などを楽しんでいただきたい”という目的で設立されたピンクリボンのお宿ネットワーク。

八寿恵荘では、国産カモミールの持つ自然の力が美容分野だけでなく、医療や介護分野においても役立てられるよう、「華密恋薬用入浴剤」を使用したお風呂で、病気や治療後のQOLアップのための体と心のケアのお手伝いをさせていただいております。

カミツレの花は、眠ることを知っていましたか?

カミツレの花たちは、陽の傾きを感じると静かに眠りにつき、
一日の始まりと共に目覚めます。
そう、カミツレの花たちは、
数えきれない夜と朝のリズムの中で呼吸してきたのです。

夜と朝の訪れの積み重ね。
それは、この星が太陽のまわりを回転し続け、
蓄えてきたたくさんの記憶に他なりません。
カミツレの花たちは、その佇まいによって、長い年月の流れの中、
人々の喜びを膨らませ、哀しみを和らげてきたのです。

そして、私たちの畑に育ったカミツレたちは、
刈り取られて後も、私たちの役に立ち続けてくれます。
花だけでなく茎も葉も、その全身で、
私たちの すこやかな からだづくりを手伝い、
穏やかな暮らしのための支えになってくれています。

まして、今を生きている私たちが、
誰かのお役に立てなくてどうしましょう。
そんな思いで、私たちは日々を大切に、
カミツレたちと過ごしています。

by わたなべ かつみ

渡辺 克己さん

役者、ナレーター、MC、演出、コピーライターなど幅広く活躍中。
八寿恵荘にお泊まりいただいたのがご縁で、カモミールの花の詩をお寄せくださいました。

宿泊・料金について

page top