6月5日(水)~6日(木)「カモミール収穫体験」のお知らせ



毎年恒例となりました「カモミール収穫体験」を今年も開催いたします!

八寿恵荘にご滞在いただきながら、手作業によるカモミールの収穫をぜひ体験してみてください。花畑の中に実際に入れば、きっと味わったことのないようなカモミールの香りを感じていただけるはずです。カモミールを刈り取っていく確かな感触も、このツアーの醍醐味のひとつ。大地のエネルギーが体にも心にも効きますように・・・。

収穫していただくカモミールを実際に使用した薬用入浴剤のプレゼントもございます。ご家族でも、ご友人様とでも、お一人様でも、大歓迎です。

また、ご好評いただいている日帰りプランもご用意しております。宿泊はむずかしい…という方もぜひご参加ください。

有機JAS認定のふかふかの土に触れ、濃密カミツレエキスのお風呂に入る癒しの2日間。ご希望の方はぜひお早めにお申し込みください。皆様のご参加をお待ちしております!



【募集要項】
■場所:カミツレの里  長野県北安曇郡池田町広津4098

【宿泊プラン】
■日時:2019年6月5日(水)~6日(木) 1泊2日
■参加費用:20,000円(税抜)
※各種体験+1泊3食+おやつ+収穫原料入り薬用入浴剤400mLボトル付
■スケジュール:
<6月5日(水)>
13:00 カミツレの里集合 八寿恵荘チェックイン
(電車でお越しの方は、12:40頃にJR明科駅へお迎えに伺います)
カモミール収穫体験・八寿恵荘館内案内・カミツレエキス製造工場見学
16:30 かまど炊き体験・カモミールおはなし会
18:30 夕食

<6月6日(木)>
7:00 大峰高原散策
8:00 朝食
9:00 カモミール収穫体験・おやさい畑農業体験
12:00 昼食
13:30 解散(電車でお越しの方は、JR明科駅までお送りいたします)

【日帰りプラン】
■日時:2019年6月5日(水) 現地集合・現地解散
■参加費用:3,500円(税抜)
※花束お持ち帰り(ひと束)+お風呂「華密恋の湯」利用+おやつ+収穫原料入り薬用入浴剤400mLボトル付
■スケジュール:
13:00 カミツレの里 到着
カモミール収穫体験・カミツレエキス製造工場見学・八寿恵荘館内案内
16:30 かまど炊き体験・カモミールおはなし会
18:00 解散(送迎をご希望のお客様はご相談ください)

◆注意事項
※スケジュールは変更になる場合がございます。
※予約状況により相部屋をお願いすることがございます。
※雨天時は収穫作業ができない場合もございます。詳細につきまして、宿泊プランをご利用のお客様にのみ、6月3日(月)までにご連絡いたします。日帰りプランをご利用のお客様は、カミツレ研究所公式サイト http://www.kamitsure.co.jp/ にて開催有無をご確認くださいますようお願いいたします。お電話でのお問い合わせも承ります。
※畑作業ができる服装、靴(長靴やスニーカーなど)、日よけの帽子、ウインドブレーカーなどをご持参ください。花粉がとびますので、のどや鼻の粘膜の弱い方はマスクのご用意をお勧めいたします。
※お客様のペースで作業が可能ですので、お子様もご参加いただけます。お子様の料金はお問い合わせください。
※お支払いは現地にて、現金またはクレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX)でお願いいたします。
※現地までの交通費はお客様負担となります。
※収穫原料入り薬用入浴剤400mLボトルの発送は2019年秋~冬頃を予定しております。

お申込み・お問い合わせは
カミツレ研究所 お客様窓口0120-57-8320(平日9:00~17:00)またはメール information@kamitsure.co.jp にて承ります。

里の便りvol5. 春のおすすめ周辺スポットのご紹介



いよいよ4月になりますね。大峰高原の並木桜とも呼ばれるカミツレの里の桜たちはまた今年も、見事な並木道をつくってくれることでしょう。今回のお便りでは、カミツレの里からさらに車で遠出したところ・・・山あいに位置する特別なスポットや、おすすめの周辺施設をご紹介します。




■桜仙峡(陸郷の山桜)
陸郷の山桜は数千本とも1万本とも言われ、山腹のあちこちに自生しています。鳥たちが桜の実をついばみ増やした、「小鳥が咲かせた桜の里」は視界全体に広がる山桜の隠れた名所です。

例年の見ごろ:4月初旬~4月下旬

長野県北安曇郡池田町陸郷10668
>>MAP




■シラネアオイ群生地
高照山(たかてるやま)という標高919メートルの小さな山には、信州でも日本海側の一部の山岳にしか見られない貴重な花、シラネアオイの群生地があります。シラネアオイと同時に山頂から中腹にかけて数千本の山桜が咲き誇る景観は見事です。
※道の狭いところがあります。運転には十分お気をつけください。

例年の見ごろ:4月下旬~5月中旬

長野県北安曇郡池田町広津17922
>>MAP




■馬羅尾高原の清流
カミツレの里から車で約30分。有明山のふもとに広がる神秘的な森林で、夏にはキャンプで賑わいますが、春先には格別の静けさと雪溶けの清流が大変心地よいおすすめスポットです。

おすすめ時期:4月~7月

長野県北安曇郡松川村 馬羅尾
>>MAP


■明科駅 旧国鉄篠ノ井線 廃線敷ウォーク
昭和45年に蒸気機関車が姿を消して電化され、昭和63年に新線が完成した事で86年間の役目を終えた旧国鉄篠ノ井線。レンガ積みの漆久保トンネルや当時の信号機など面影が残るコースを歩いてみませんか。明科駅は、八寿恵荘の送迎対応駅です。
>>詳しくはこちら

おすすめ時期:4月上旬~


■中綱湖
カミツレの里から車で約40分。春、西側に群生するオオヤマザクラの濃いピンク色が湖面に映るシンメトリーな光景は非常に華やかです。

例年の見ごろ:4月中旬~5月上旬

長野県大町市平
>>MAP


■安曇野ちひろ美術館
安曇野ちひろ美術館は絵本画家いわさきちひろと世界の絵本画家の作品を収蔵する美術館で、世界最大規模の絵本美術館でもあります。大人だけでもご家族でも、時期を問わずお楽しみいただけます。
>>詳しくはこちら

長野県北安曇郡北安曇郡松川村西原3358−24
>>MAP


■穂高神社
もとは北九州に栄え、主として海運を司った古代の氏族である安曇氏が創建したと伝承される穂高神社。この安曇野の歴史をひとところで感じられる、荘厳な神社です。
>>詳しくはこちら

長野県安曇野市穂高6079
>>MAP


■仁科神明宮
巨大な杉の古木が繁る森の中に佇む仁科神明宮は、平安時代から続く日本最古の「神明造」を残す国宝です。神聖な境内は木霊の声が聞こえてくるよう。八寿恵荘から車で約15分のところです。

長野県大町市社宮本1159
>>MAP


ヘルスツーリズム奨励賞を受賞しました!



この度、八寿恵荘は「日本ヘルスツーリズム振興機構」様より、第11回『ヘルスツーリズム大賞 奨励賞』をいただくことができました!
(写真左下:代表の北條です)



私たちは、2015年に八寿恵荘がリニューアルする以前より、アレルギー専門の小児科の先生との出会いからはじまった子供たち向けの「自然体験教室」や、乳がん体験者とサポーターの交流の場となる「乳がんサバイバーツアー」を続けてまいりました。

「健康であるために、ストレスを溜めないことがどれだけ大切なのか・・・」

この私たちの活動の原点は、多くの方々との出会いの中で学ばせていただいた大切なものです。これまでの取り組みがこうして賞をいただけましたこと、またこれまでカミツレの里のヘルスツーリズムの基盤を一緒に作り上げてくださった皆さまに、感謝申し上げます。





日々、思いを同じくする方々から刺激をいただき、学ばせていただいています。これからも皆さまとのご縁に感謝して、さらにカミツレの里のヘルスツーリズムを磨いて参ります。

>>日本ヘルスツーリズム振興機構ホームページ

4月4日(木)~5日(金)1泊2日 「やさしい有機栽培教室」のお知らせ



野菜が好き、おいしい野菜に出会いたい、つくってみたい・・・!

プランターから使える有機栽培の入門教室を、1泊2日で開催します。講師としてお招きするのは、八寿恵荘のキッチンを支えてくださっている地元農家の清水弘生さん。肥料を使わずとも、土中の微生物たちを豊富に保つことで、土が自然とおいしい野菜を育ててくれる・・・そんな土づくりを伝授いただきます。一緒に春の土いじり、してみませんか?



※3月13日追記
清水弘生さんを訪ねました。畑でお写真を撮らせていただきました。(久しぶりに雪でした。寒そうですね!!)

野菜たちも、動物と同じように高度に進化してきた生き物です。同じ姿をしていても、健康状態は本当に様々。イベントでは、『健康な野菜って何だろう?』というシンプルなテーマから、入り込んでいただけます。

引き続き、お申し込みを受付中です。


■スケジュール
12:30 明科駅お迎え(松本行き12:10着、長野行き12:26着)
   ※自家用車でお越しの方は、八寿恵荘へ直接お越しください
13:00 八寿恵荘着 ウェルカムティと、ご挨拶

【やさしい有機栽培教室】
・農家さんのお話「肥料を使わない野菜づくり」
・農家さんの畑へ移動。おうちでもできる、土づくりと種まき講座
・畑で夕食の食材採り(おまけ)

16:00 チェックイン、自由時間(入浴もok)
17:30 薪割り&かまど炊飯体験(自由参加)
18:30 ご夕食
農家さんの旬野菜を使ったスペシャルメニューあり
・・・・・
8:00 ご朝食
9:00 カミツレエキス工場見学(自由参加)
10:00 チェックアウト
10:30 明科駅お送り(松本行き11:10発、長野行き11:23発)

■講師プロフィール
清水弘生さん
池田町在住。炭素循環農法でサステナブルな農業に取り組む農業家。お野菜は八寿恵荘の食卓にて大活躍!池田町ヘルスケアトレーナー、森林インストラクター、さらに英語教師。

■おみやげ
清水さんの「微生物たっぷりの畑の土」ひと掬い。野菜の種。
ご自宅で市販の土に混ぜて、プランターでも使えます。

■ご参加について
八寿恵荘ウェルネスカレッジ第9回
肥料を使わない「やさしい有機栽培教室」~はじめての土作りと種まき~

・動きやすい服装でお越しください。長靴は貸し出しいたします。
・強い雨天時は、八寿恵荘近辺で土の講座を行います。
・参加費用は宿泊費込みで大人1泊2食 16,000円+税です。お子様料金あり
・お申し込み: 八寿恵荘のホームページから4月4日のご宿泊をご予約ください。
【八寿恵荘空室カレンダー】
⇒2019年4月4日

お電話でもご予約いただけます。
お問い合わせ:八寿恵荘フロント 0261-62-9119
〒399-8604 長野県北安曇郡池田町広津4098

里の便りvol.4 今年はじめての雨と、春の匂い



今年はじめての雨が降りました。根雪を溶かすのはいつも、この少し暖かい雨。土に光が当たり、冬のあいだに準備をしていた野草たちはこれから、われ先にと大地を覆っていくのでしょう。





春の匂いがしてきました。3月、4月は、ハーブの芽吹きや里の野草を一緒に見て回ったり、ご自身でも摘み取っていただいて、お食事でも味わっていただきたいなと思っています。







また明日3月1日(金)より、2019年8月のご予約受付もスタートします。夏休みには、涼しい高原の空気と採れたての夏野菜たちを楽しみに、ぜひいらしてください!

里の便りvol.3 寒い冬にはやっぱり「華密恋の湯」


雪景色とともに八寿恵荘でぜひご体感いただきたいのは、濃厚なカモミールのお風呂「華密恋の湯」。丁寧に自家抽出した濃厚な「カミツレエキス」を毎朝入れる華密恋の湯の魅力をご紹介します。



緑がかった金色にかがやき、甘い香り漂うお湯はまるで美容液そのもの。ゆっくり、じっくりお湯に浸かっていただき、じんわりと体の中まで温まっていただけるよう、お湯の温度は39℃~40℃になっています。


カミツレ(ジャーマンカモミール)は保湿、消炎作用に優れたハーブで、華密恋の湯は肌荒れ、アトピーなどにお悩みのお客様にも大変好評をいただいているお湯です。



華密恋の湯のカミツレエキスは、花だけでなく、茎や葉に含まれるフラボノイド、クマリン、コリン、タンニン等の成分も引き出すため、カモミールの全草を用いて抽出していることが、大きな特徴のひとつです。



また、カモミールの有効成分には、熱に弱いものも含まれているため、非加熱で時間をかけて抽出。シンプルな手法ですが、その分、大量のカモミールと時間を使います。また原料となるカモミールも有機肥料で栽培したものを使用し、合成香料、合成着色料、合成保存料、鉱物油など、お肌に必要のないものは一切いれずエキスを抽出しています。



カミツレエキスを高配合した「華密恋」スキンケア製品の全てを館内でご使用いただけます。お休み前にもお目覚めの後にも、たっぷりとお試しください。カモミールの自然の力をじっくりと味わい、体の中までしっかり温まるご滞在をご用意しております。


■営業情報
2019年2月9日(土)より冬季オープン
>>ご予約受付中
※お車でお越しの場合にはスタッドレスタイヤを装備ください



■お知らせ:冬の便り
vol.1 里の雪あそび、和かんじき
vol.2 風景、どうぶつたち

vol.3 寒い冬にはやっぱり「華密恋の湯」

里の便りvol.2 風景、どうぶつたち



明けましておめでとうございます。また新年を迎えられましたこと、これまでお世話になった皆さまに心から、スタッフ一同、感謝を申し上げます。
昨年八寿恵荘にお越しいただきました皆さま、いつか行ってみたいな〜と気にかけてくださっている皆さま、この記事をご覧くださっている皆さま…、良い新年となりますよう、お祈り申し上げております。本年もカミツレの里、八寿恵荘をどうぞよろしくお願いいたします。





北アルプスの向かい側、大峰高原に位置するカミツレの里の近くには、山々を望むビュースポットが数多く存在します。一年で最も空気が透明になるこの季節は、高原からの眺めを楽しむにも絶好のシーズンとなります。





早朝には雲海が広がることも。





毎朝、雪原には新しい足跡があらわれます。鹿のひづめ?





窓辺からは森に住むキツネを発見!





お正月料理で疲れ気味のお腹にも、八寿恵荘の優しいお食事でお休みを。館内を心地よく暖めて、皆さまをお迎えいたします。



■営業情報
2019年2月9日(土)より冬季オープン
>>ご予約受付中
※お車でお越しの場合にはスタッドレスタイヤを装備ください



■お知らせ:冬の便り
vol.1 里の雪あそび、和かんじき
vol.2 風景、どうぶつたち

vol.3 寒い冬にはやっぱり「華密恋の湯」

里の便りvol.1 里の雪あそび、和かんじき



カミツレの里の冬の楽しみの一つは静かに積もる粉のような雪。降ったばかりの雪を掬うと、手のひらから「さらさら」と流れ落ちるほど。遠くの山々の稜線も一段と美しく見えます。




この季節には、雪の上を「和かんじき」で歩くお散歩ツアーもご用意しております。山々を見渡す絶景ポイントをご案内いたしますよ!


■営業情報

2019年2月9日(土)より、冬季オープンいたします!

>>ご予約受付中

※お車でお越しの場合にはスタッドレスタイヤを装備ください





■お知らせ:冬の便り
vol.1 里の雪あそび、和かんじき
vol.2 風景、どうぶつたち

vol.3 寒い冬にはやっぱり「華密恋の湯」

2019年のご予約と、冬季休館につきまして


カミツレの宿 八寿恵荘は2018年12月25日(火)より冬季休館となります。一年分の感謝をこめて全館清掃・メンテナンスをいたしまして、また2019年は新たに2月9日(土)より通常オープンとさせていただきます。


【2019年のご予約について】
■2019年2月9日(土)~4月14日(日)のご宿泊予約
⇒2018年12月25日(火)のお昼12:00に受付開始となります。
ご予約はこちらから


■2019年4月15日(月)以降のご宿泊予約
⇒2019年1月26日(土)のお昼12:00に受付開始となります。


【冬季休館中のフロントについて】
■お電話受付(9:00~18:00)
年末年始2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)は留守番電話対応となります。その他の日でも、冬季休館中は留守番電話になっている場合がございます。こちらからご連絡をさせていただきますので、メッセージを残していただけましたら幸いです。


■メール(info@yasuesou.com)
常に受付しております。5日以内にご返信させていただきます。


2月のオープンでは、澄み渡る景色と、冬野菜を中心とした温まるお食事、そして格別の「華密恋の湯」をお楽しみいただけます。ぜひまた2019年も、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

環境省グッドライフアワード環境大臣賞を受賞しました!


 
この度、八寿恵荘は「第6回 グッドライフアワード※ 」環境大臣賞優秀賞を受賞いたしました!
 
受賞内容:有機栽培カモミール畑が広がる日本初ビオホテルの「オーガニック・ウェルネス・リトリート」
 植物の力や自然循環の環境保護を実践する日本初のビオホテル「八寿恵荘」と広大なカモミールの有機栽培農園が広がるカミツレの里で、人間本来の生命力や自然治癒力を引き出す、オーガニック・ウェルネス・リトリートを展開し、皆様に自然や環境と人間との共生について考える機会を提供しているということで、今回の受賞に繋がりました。
 

 
受賞ごあいさつ
 カミツレの里・八寿恵荘は、まだ「オーガニック」という言葉さえ一般的でなかった1980年代に、「訪れるすべての方が心からリラックスできるような場所となるように」という創業者の想いをもってスタートいたしました。その遺志を継ぎ、2015年のリニューアルオープンの際には、より心地よさや安心、大自然の力を感じられる場所を目指してすみずみにまでこだわった結果、日本第1号のビオホテルとして認証をいただきました。八寿恵荘では、自然体験教室、専門医を招いての健康セミナーや環境教育プログラムの場としてご活用いただき、最近では八寿恵荘から広がる皆さまの交流の広がりを近くで嬉しく感じさせていただいております。
 
 この度、はからずもこのような賞をいただきましたことは、“八寿恵荘”事業のみならず、印刷事業での環境に配慮した取組、“華密恋”シリーズの製造・販売など、これまでの私どもの歩みや姿勢を評価いただいたものと受け止め、皆さまのご支援、ご指導の賜物と、改めて心から感謝申し上げます。
 
八寿恵荘 代表
北條 裕子
 

 
 

 
※グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組を募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。それぞれの取組についての情報を発信することで、日本で暮らすひとり一人がライフスタイルを見直すきっかけになることを目指しています。

 
【環境省 グッドライフアワード ホームページ】
https://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/