【2月19日(水)お昼12:00】春のカミツレの里、ご予約受付スタートします【里の便りvol.11】

 

長らくお待たせしております、4月22日(水)以降のご予約受付は2月19日(水)お昼12:00より開始いたします。ひとあし早めの、カミツレの里の春のお知らせをお送りいたします。

 

 

 

 

冬のあいだ、まだかまだかと準備をしていた野草たち、木々の芽がいっせいに芽吹く季節。3月後半には、ふきのとうから始まる豊富な山菜、4月には山あいを登る桜の開花リレー。そして5月中ごろにはついに、広大な畑のカモミールたちが咲き始めます。

 

 

お散歩しながら、野草を、ハーブをその場で摘み取って、そのまま味わい、少しお土産に。カミツレの里では、ご滞在に必要なものだけをシンプルに、ていねいに整えています。豊かな自然の中で、素の自分にかえるひとときをお過ごしください。

 

 

「大峰高原の並木桜」とも呼ばれるカミツレの里の桜

 

 

4月は、カミツレの里から少し離れた陸郷の山桜「桜仙峡」の眺めもおすすめです。鳥たちが実をついばみ増やした、「小鳥が咲かせた桜の里」は、視界全体に広がる山桜の隠れた名所。

 

【桜仙峡】長野県北安曇郡池田町陸郷10668
>>MAP

 

>>ご宿泊のご予約は、こちらから

新型コロナウイルス感染拡大に関する八寿恵荘の対応について

いつもカミツレの宿 八寿恵荘をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 

新型コロナウイルスに関する報道を受けまして、八寿恵荘ではお客様とスタッフの健康と安全を考慮し、消毒用アルコールを館内に配備いたしました。また、食事に関わるキッチンスタッフにつきましてはマスク着用とアルコール消毒を徹底いたします。フロントには、お客様用マスクのご用意もございます。

 

何よりもこまめな手洗い・うがいと、十分な睡眠と栄養で体調を整えることが大切だそうです。いつも気をつけていることをさらにていねいに。

 

皆さまにはご安心いただきお過ごしいただけますよう、お待ちいたしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【3月28日(土)~1泊2日】野草研究家 山下智道さんと歩くカミツレの里~春やすみ編~






長野県池田町の山あい・・・カミツレの里には、日本の里山ならではの野草がそのままの形で残っています。

里の周辺はかつて養蚕がさかんな地域で、桑畑を中心として人と自然が調和し、豊かな景観を作り上げてきました。いまではカモミール畑がその意思を受け継ぎ、里山との共生を続けています。

この度は、野草研究家の山下智道さんをゲストに、カミツレの里の春の野草をからだにもこころにも取りいれる、楽しくて美味しい2日間のイベントを開催いたします!

山の野草と旧知の友のように語りあう山下さん。お呼びするのは実は今回で3度目になります。何気なく目に入ってくる山の風景にどんどん親近感が湧いてきて、見える世界がみるみる広がっていく体験が待っています。お一人様でも、小さなお子様も大歓迎です!一緒に、野草の世界の住人になってみませんか?



日程:2020年3月28日(土)~29日(日)1泊2日
場所:カミツレの里八寿恵荘(長野県北安曇郡池田町広津4098)
定員:約15名様(おひとり様参加の場合は、相部屋をお願いする可能性あり)
料金:20,000円(税別)1泊3食、体験料込み、野草クラフトのお土産つき。
お子様割引あり:小学生14,000円(税別)、幼児4,000円~(税別)
おすすめの服装:例年の平均気温2~12℃。暖かく動きやすい服装

スケジュール:
【3月28日(土)】
15:10 JR明科駅お迎え
(自家用車のお客様はカミツレの里へ直接お越しください。)
八寿恵荘にチェックイン
16:00 山下さんと一緒に、里のご案内と、野草さんぽ
18:00 山下さんを囲んでご夕食。スペシャル野草メニューつき!

カモミールのお風呂「華密恋の湯」ご入浴、「らうんじ」でのんびり
オーガニックコットンのお布団でごゆっくりとお休みください

【3月29日(日)】
8:00 めざめの朝食
9:00 山下さんと一緒に野草の採み取り、屋内でクラフト&学びの時間
12:00 野草を取り入れたランチ
14:00 解散・送迎車出発、JR明科駅14:30着
※スケジュールは天候などにより少し変更になる場合もございます。予めご了承ください

山下智道さんプロフィール:
福岡県北九州市出身。野草研究家・作詞家・作曲家・ヴォーカリスト。登山家の父のもと幼少より山・自然・植物に親しんだことが植物愛の基盤となり、的確・豊富な知識と実践力で支持を集める。観察会やワークショップ等、全国を舞台に活躍

お申し込み・お問い合わせは八寿恵荘まで
℡:0261-62-9119
>>インターネット予約もできます。3月28日(土)のご宿泊をご予約ください



【3月1日(日)~6日(金)】白紙の日



スケジュール帳はいつも予定がびっしり、お忙しい日々をお送りの皆さまへ・・・。テレビもラジオも、周辺にはコンビニも自販機もないカミツレの里で、本当の「何もしない」の贅沢を味わいたいというお客さまからのお声から、この期間を設けさせていただきました。

いつもの八寿恵荘と大きくは変わりませんが、こころしずかにお過ごしいただけるご滞在となりますよう、お迎えいたします。

ぜひスケジュールを真っ白にして、お越しください。

「白紙の日」
期間:2020年3月1日(日)のチェックイン~6日(金)のご宿泊
人数:1組大人1~3名様まで(この期間は、大人の方のご利用に限らせていただきます。)
価格:通常(16,000円 税別)
その他:
・期間中は1日4組様までのご宿泊とさせていただいております
・ご希望の場合は、スマートフォン、携帯電話をフロントにてお預かりできます
・散策、薪割り体験、工場見学など自由参加のツアーはいつも通り実施しております

ご予約:通常通り、お電話とインターネット予約にて承っております。
バリアフリー洋室「さくら」をご希望のお客様はご予約時、メモ欄にその旨ご記入ください。(先着順 追加料金1名様1,000円 税別)

【再受付】2月24日(月祝)~28日(金)「長野県ふっこう割」1泊5,000円割引のお知らせ



一旦定員となりましたが、キャンセル等で空きがでましたので、再受付中でございます。

国が交付する支援金「長野県ふっこう割」が八寿恵荘にも適用されることになりました。
令和元年台風19号の風評被害等により落ち込んだ長野県への旅行需要の早期回復及び喚起することを目的として設定された支援金です。

先着20名様となりますが、大人1名様1泊あたり5,000円の割引が適用されます。 詳しい内容については、下記のとおりです。ぜひこのご機会に、冬のご旅行をご検討くださいませ。

【割引内容】
宿泊費が大人1名様1泊あたり5,000円割引になります
1泊2食12,600円(税込み。長野県ふっこう割5,000円分の割引適用後の価格です。)

【期間】
2020年2月24日(月祝)~2月28日(金)のご宿泊
(2月29日(土)以降のご宿泊には適用されません)
連泊の場合でも、泊数分適用されます(最大3泊分)。インターネット予約の画面では定価(大人1泊17,600円)が表示されますが、そのままご予約ください。ご予約いただいてから5日以内に、メールにて「長野県ふっこう割」適用の旨を必ずご連絡いたします。

【その他】
・1名様からでもご利用いただけます。
・お子様(小学生以下)には適用されません。
・他の割引、招待キャンペーンとの併用はできません。
・先着20名様分の支援金ですので、なくなり次第あたらめてお知らせをさせていただきます。

>>長野県ふっこう割【長野県ホームページ】

新年明けましておめでとうございます



新年明けましておめでとうございます。
旧年中は、多くの皆さまからのご愛顧を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。

皆さまにとっての「もうひとつのふるさと」となりますよう、本年もスタッフ一同、精進して参ります。

2020年、良き年となりますように・・・。
カミツレの里の新年の日の出とともに、お祈りいたしております。

・・・・・・・・・・

【2020年4月22日(水)以降のご予約について】
2020年2月19日(水)正午12:00から、受付開始いたします。

【冬季休館:2019年1月6日(月)~2020年2月6日(木)】
冬季休館中は留守番電話対応となります。折り返しのご連絡をさせていただきますので、メッセージを残していただけましたら幸いです。メール(info@yasuesou.com)は常に受付しておりますが、ご返信にお時間を頂戴いたします。どうかご了承くださいませ。

2月のオープンでは、澄み渡る景色と、世界が変わったような静寂、冬野菜を中心とした温まるお食事、そして雪を眺めながらの格別の「華密恋の湯」。余計なものは一切入れない、無農薬で大切に育てられたカモミールによる濃厚なカミツレ薬湯です。他には無い、この季節ならではのカミツレの里をお楽しみください。

2020年は2月7日よりオープン。冬のカミツレの里で、静かに、こころ休める旅を(里の便りvol.10 )



2020年の八寿恵荘は2月7日(金)からオープンいたします。澄み渡る景色と、世界が変わったような静けさ。この季節ならではの、ゆったりと、こころの休まるご滞在をご用意しております。





八寿恵荘の原点でもある、濃厚なカモミールのお風呂「華密恋の湯」は寒い季節に入ってこそ。余計なものはいっさい入れずに、無農薬で大切に育てられたカモミールを独自の製法で抽出したカミツレエキスと、北アルプスの清らかな水が生み出す、世界にふたつとないお風呂です。せっけんで体を洗い、白湯で温まってから、ゆっくりとカミツレのお湯にお浸かりください。湯当たりが柔らかく、入浴後も肌の乾燥が少なくすみ、ぽかぽかとした温もりが続きます。1日に3回以上のご入浴がおすすめです。



お食事では、体を温める秋冬の根菜、キノコ、木の実などを中心に、飼育方法から厳選したお肉お魚も使用します。オーガニック食材本来の力を生かし、体にやさしい調味料だけを選んで丁寧におつくりしています。ご飯はカミツレの里で大切に育てた、無農薬の自社栽培米。この秋に収穫したばかりの新米をお出しします。「愛農かまど」の直火で一気に炊き上げますので、香ばしい「おこげ」も一緒にお召し上がりください。



長い夜のお供に、読書はいかがでしょうか。 この秋に、八寿恵荘では初の試み、かつ念願の、本棚のブックセレクトを行いました。記念すべき第一回目のテーマは「植物と自然」です。選書を手がけていただいたのは、「丁寧に本を差し出す」 BACHの幅 允孝(はば よしたか)さん。私たちが大切にしているもの、こころをご理解いただき、ひとつひとつ本を選んでくださいました。 ご滞在中には必ず、お客様それぞれに一冊の素敵な出会いがあるはずです。
>>BACHホームページ



>>ご宿泊のご予約、空室検索はこちらから

2020年は2月7日から。ご予約と、年末年始の営業・冬季休館に関しまして



いつもカミツレの宿 八寿恵荘をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。来春のご予約受付と、この冬の営業に関するご案内です。

●ご予約受付
お電話、インターネット予約にて承ります。

【2020年2月7日(金)~4月21日(火)のご予約について】
2019年11月6日(水)正午12:00から、受付開始いたします。

【2020年4月22日(水)以降のご予約について】
2020年2月19日(水)正午12:00から、受付開始いたします。

●年末年始の営業と、冬季休館
2020年1月5日(日)まで営業しております。年末年始は、豪奢なおせち料理とはいきませんが、八寿恵荘らしい、少しだけ特別なメニューをご用意して、お待ちしております。
※年末年始はご予約が取りづらくなる可能性がございますので、1組様2名様以上、最大2泊までとさせていただきます。また、食材が限られますことから、細かなアレルギー対応は出来かねますこと、どうかご了承ください。

【冬季休館:2019年1月6日(月)~2020年2月6日(木)】
冬季休館中は留守番電話対応となります。折り返しのご連絡をさせていただきますので、メッセージを残していただけましたら幸いです。メール(info@yasuesou.com)は常に受付しておりますが、ご返信にお時間を頂戴いたします。どうかご了承くださいませ。

2月のオープンでは、澄み渡る景色と、世界が変わったような静寂、冬野菜を中心とした温まるお食事、そして雪を眺めながらの格別の「華密恋の湯」。余計なものは一切入れない、無農薬で大切に育てられたカモミールによる濃厚なカミツレ薬湯です。他には無い、この季節ならではのカミツレの里をお楽しみください。

日帰り入浴は、12/31(火)~1月4日(土)11:00~15:00(受付14:30まで)で営業しております。

ぜひまた2020年も、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

ジャパンタイムスに掲載されました!



八寿恵荘が本日発売のジャパンタイムスに掲載されました!
電子版はトラベルセクションのトップに掲載されています。

ビオホテルジャパンの代表、中石和良氏へのインタビュー記事です。「化学物質ぬきの生活は困難ですが、宿での1泊、2泊であれば本物の、生のオーガニックな体験ができます。オーガニックな休日は良いきっかけになります。」というイントロから、日本国内のオーガニック事情と、ビオホテルジャパンの取り組みについて書かれています。

八寿恵荘がカモミールの畑づくり、製品づくりで、当初から持続可能性に取り組んできた背景についても言及いただいてます。

環境配慮という点で非常に遅れてしまっているこの日本で、大切なのは私たちが地球の一員(global citizens)となり、「贅沢」を再定義すること・・・

ご紹介いただき大変光栄でございます。
ぜひご一読ください。

https://www.japantimes.co.jp/../japans-eco-hotels/

【11月17日(日)13:30~】『名医が語る!最新医療ぶっちゃけトーク』



プログラム主催:一般社団法人 KSHS(キチンと手術・ホンネで再建の会)
協賛:カミツレ研究所

亀田総合病院の福間英祐先生と、東京西徳洲会病院の佐藤一彦先生をお迎えした特別セッションを開催いたします。私たちがいつもお世話になっている、乳がん体験者の会「KSHS」様からのお引き合わせで、このイベントが実現しました。KSHSの代表、溝口綾子さまからは、「カミツレの里の自然環境でのストレスリセットが、乳がんサバイバーの私たちの予後のバックアップに役立つということを、身を持って先生方に実感いただきたい!」という熱いメッセージもいただいております。

イベントでは、今の乳がん治療最前線ばかりではなく、普段聞けない先生方の本音(!)も、お伺いできるかもしれません。福間先生と佐藤先生は、多くのセミナーや海外でのグローバルなご活躍を通し、乳がん治療に対して日々、切磋琢磨されている間柄。悪友であり、飲み友達であり、永遠のライバルでもあり。「おっとり兄とちゃっかり弟」な、お二人のトークをぜひリラックスしてお楽しみください。

先生方から、「どんなテーマでもお話はできるので、テーマを特定せず地元の皆さまが聞きたいことにお答えしたい!」ということでしたので、お申し込みの際にはぜひ「先生方に聞いてみたいこと」をあわせてご記入くださいませ。

——————————————————————————-
ゲスト:福間英祐 先生
亀田総合病院 乳腺科 主任部長
1979年岩手医科大学卒業。聖路加国際病院を経て、85年帝京大学溝口病院外科助手を経験。95 年には世界初となる内視鏡の手術を行う。その後、2000年4月亀田総合病院に乳腺外科部長として着任。2006 年には、日本初の凍結療法を導入。11年に現職へ着任。

ゲスト:佐藤一彦 先生
東京西徳洲会病院 副院長
包括的がん診療センター長
乳腺腫瘍センター長
1994年防衛医科大学校卒業。センチネルリンパ節生検と乳房部分照射の先駆者。日本人には適応困難と思われていた部分照射だが、小線源治療により11年で600例以上を実施。様々な角度から検証を行い、アジア各国で普及と標準化に努めている。
——————————————————————————-

●日時:2019年11月17日(日)13:30~16:00
●会場:カミツレの宿 八寿恵荘「ふれあいの間」(長野県池田町広津4098)
直接会場までお越しください。13:00~開場、13:30からスタートです。

●参加費用:500円

●お申し込み
以下のリンクのご参加お申し込み用フォームからお願いいたします。
https://ws.formzu.net/dist/S54259051/